boat-207129_1280

ニキビができやすい場所はおでこから花などのTゾーン、口の周りやあごなどのUゾーンです。皮脂の分泌が多いおでこや小鼻は、丁寧に洗顔することが大切です。肌に優しい洗顔には、ぬるま湯が最適です。洗顔料の洗い残しは、反対ににきびを悪化させてしまいます。

にきびを予防、改善するための適切な洗顔ケアを行うようにしましょう。間違ったにきびの洗顔方法では、顔をすすぐときも時間をかけて、ぬるま湯できれいに洗い流します。

大人にきびは夜更かしをせずに規則正しい生活習慣を意識することで予防することも可能です。肌トラブルの原因のひとつは、ストレスによるホルモンバランスの乱れです。アクネケアには、なるべくストレスを溜めないことが重要だとされています。

女性の場合は生理前になるとにきびができたりします。毛穴が化粧品で詰まってしまうことが、にきびの原因になってしまいます。メイクも化粧品には油分が多く、肌荒れの原因になるという場合があります。

男性ホルモンが多くなると皮脂の分泌が増加し、にきびの原因になることもあります。にきびケアのためにはまず、ビタミンB群を取るようにする事も大切です。ストレスなどが原因で食べ過ぎると胃に負荷がかかり、口の周りににきびができる人もいます。胃腸の働きがよくないと肌荒れや、便秘の可能性が高まってしまうのです。