channel-451623_1280

ニキビというのは、毛穴に皮脂が詰まって炎症している状態。
ですから、ニキビのできていいる部分に紫外線を当てないことは大事です。強い紫外線が当たることで「ニキビ跡」になることもありますから気をつけましょう。

ただ、日焼けするようになってからニキビができにくくなった、とう話も聞きます。これは紫外線によってアクネ菌のバランスが変わったせいか、または太陽を浴びることによって体の免疫力が上がったことによる影響かもしれません。免疫力が上がれば、炎症も起こりにくくなりますからね。

それからビタミンDなどは、日光浴することで体内で生成されると言われています。
一概に紫外線を浴びるとニキビができやすくなるとは言えないようです。ニキビを防ぐという意味では、お日様に当たることも必要なことなのかもしれません。ですが、ニキビができている時や、ニキビが治りたてのタイミングには、太陽光線は避けたほうがいいでしょう。

チョコレートやナッツ類を食べすぎるとニキビができやすくなる、というのはよく聞く話。
ただこれも直接的な影響は少ないようです。実際のところチョコレートのカカオはニキビの症状には関係がないということですし、ナッツ類の食べ過ぎもが肌に悪いという医学的根拠もありませんからね。実しやかに囁かれる噂話を信じてしまうのも考えもの、と言ったところでしょうか。もちろん同じものばかり食べて栄養が偏るのは健康のために良くないのは間違いないですけどね。