fishing-boat-166532_1280

何かと話題のフォトフェイシャル、もう受けたことがあるという人もいるかもしれません。
柔らかい光が特徴のフォトフェイシャルは、美肌効果が感じられるものだといいます。
それも肌に負荷をかけずに行えるのが利点です。

気になる副作用ですが、全くないとは言えないようです。
一番警戒すべきなのは肌のやけどです。
フォトフェイシャルで当てる光の出力が、高すぎても低すぎてもやけどを起こしてしまうことがあるそうです。
光が弱すぎて効果が出なかったということもあります。
この部分に関しては施術する人間の技量が、効果と安全性を大きく左右していると言えます。

調整の上手な施術者のいる医療施設を選ぶことが大切です。
本来は医師しか行ってはいけないとされているフォトフェイシャルですから、看護師やスタッフに施術を任せているところがあれば要注意だと言えます。
施術前に十分なカウンセリングを行い、納得のいく説明をしてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。
きちんとした効果を得られる医療機関は、得てして丁寧な対応を心がけているところです。
施術を行う前に施術の回数、費用、アフターケアなどについてしっかりと説明のあるところを選ぶのが大事になってきます。

皮膚の状態が思わしくない場合には、フォトフェイシャルをしないほうがいいケースもあります。
あまりに敏感肌の人や、アトピー体質の人は副作用の心配があります。
また、ちょい日焼けをしていたり妊娠しているときは、施術を受けないほうがいいこともあるため、専任の医師に相談するようにしましょう。