紫外線もニキビの原因に

紫外線に長時間肌がさらされることもニキビの原因となります。様々な原因から毛穴に分泌された皮脂が詰まるためニキビができることになります。

皮脂が分泌される場所はどこでしょうか。毛穴の奥にある毛包から皮脂は分泌されます。その皮脂通常以上の量となり、毛穴が目詰まりを起こすことでニキビができます。肌が健康を保っていれば、皮脂は不要なものとして体外に流れ出ていきます。つまりニキビができる肌とは、健康ではない肌ということなのです。

食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどによって肌の状態が悪くなると、古い角質が剥がれ落ちなかったり肌荒れが起きたりします。そうやって毛穴が塞がってしまい、その毛穴の中に皮脂が残ってしまうのです。できたてのニキビは白く、悪化することで赤みを増したり黒く変色していきます。ニキビができたことで肌の真皮層が傷つけられてしまうと、クレーター状の跡が残ることもあります。指で潰したり、引っ掻いたりしていなくてもニキビ跡ができてしまうことはあるのです。

ニキビのない肌を目指すためのポイントは、毎日の洗顔です。洗顔しないことはニキビ肌には良くないですし、洗いすぎもいけません。手で顔を擦りすぎることなく、泡で包み込むようにして汚れを落としていく必要があります。泡立ちがよく、顔に成分が残らない泡切れの良い洗顔料選びが大切です。ニキビ治療のためには、弱アルカリ性の成分が良いとされています。

洗顔前に蒸しタオルを肌にあてて、毛穴を開かせてから行うのも、汚れ落としには効果があります。洗い過ぎに気をつけるという条件付きでなら、しっかりと汚れを落とすための二度洗いも有効な手段です。できてしまう場所に関わらずニキビケアにはとにかく清潔を保つことが重要ですから、正しい洗顔の習慣をつけるようにしましょう。

大人ニキビのできやすくなる条件

boat-207129_1280

ニキビができやすい場所はおでこから花などのTゾーン、口の周りやあごなどのUゾーンです。皮脂の分泌が多いおでこや小鼻は、丁寧に洗顔することが大切です。肌に優しい洗顔には、ぬるま湯が最適です。洗顔料の洗い残しは、反対ににきびを悪化させてしまいます。

にきびを予防、改善するための適切な洗顔ケアを行うようにしましょう。間違ったにきびの洗顔方法では、顔をすすぐときも時間をかけて、ぬるま湯できれいに洗い流します。

大人にきびは夜更かしをせずに規則正しい生活習慣を意識することで予防することも可能です。肌トラブルの原因のひとつは、ストレスによるホルモンバランスの乱れです。アクネケアには、なるべくストレスを溜めないことが重要だとされています。

女性の場合は生理前になるとにきびができたりします。毛穴が化粧品で詰まってしまうことが、にきびの原因になってしまいます。メイクも化粧品には油分が多く、肌荒れの原因になるという場合があります。

男性ホルモンが多くなると皮脂の分泌が増加し、にきびの原因になることもあります。にきびケアのためにはまず、ビタミンB群を取るようにする事も大切です。ストレスなどが原因で食べ過ぎると胃に負荷がかかり、口の周りににきびができる人もいます。胃腸の働きがよくないと肌荒れや、便秘の可能性が高まってしまうのです。

美容液の役目って?

forest-67286_1280

美容液の代表的な役目は美白や保湿だけではありません。美容液をスキンケア化粧品のひとつとして活用し、肌質によって選択することももちろん重要です。肌トラブルの対策用としての役割もあり、ニキビケアやシミやシワの解消に活用することが可能です。ニキビ対策、毛穴の引き締め効果なども期待できます。

美容液は、肌質はもちろんのこと、何のために使いたいかで選択基準が違ってきます。より高い濃度の保湿成分を肌に浸透させるのなら、美容液の配合成分は重要でしょう。最近販売されている数多くの美容液の中には、肌にダメージを与えるものもあると言われています。

栄養補給を美容液でし、肌を油分でカバーするために保湿クリームを使うという方法が一般化しているようです。保湿クリームなどのスキンケア化粧品でお肌の手入れをしているならば、時間や季節で使う商品を変えるのもおすすめです。小じわやくすみを目立たなくするための成分が配合されているのは美容液だけに限ったことではありません。

化粧下地として使える美容液も今現在人気のタイプになります。保湿系の美容液というのは、お肌の栄養になる成分が濃縮されている化粧品といってもいいのかもしれません。合成ポリマーや合成界面活性剤などが使用されている美容液もありますが、よくチェックしてから使うようにすることが重要です。

そのメイク、残してしまって大丈夫!?

boat-487436_1280

しっかりメイクが基本の女性なら使っていることであろうクレンジング。クリームタイプ、ジェルタイプともに種類が充実していますよね。

では、そのクレンジング剤を使って化粧落としを行うポイントとはどのようなものなのでしょうか。

当然ながら、肌のケアの基礎となるものは「洗顔」です。洗顔の目的は肌にこびりついた汚れを落とすこと。

それもできるだけお肌に負担をかけずに行いたいですよね。そのためには化粧落としが欠かせません。不可欠なのは化粧落とし用のクレンジング剤です。化粧が残ったまま洗顔をしても汚れは綺麗になりませんし、残ってしまったメイクが肌にダメージを与えるという結果を招いてしまいます。ですから洗顔前にまず使うべきなのがクレンジングなのです。

外出して帰ってきたときは、どんなに疲れていても、寝てしまう前に必ず化粧だけは落とすようにしましょう。逆にクレンジングだけして、洗顔しないというのもだめです。クレンジング剤を使っただけでは、皮脂腺から分泌されている皮脂や毛穴の奥の汚れを洗い落とすことは難しいからです。

クレンジング⇒洗顔⇒基礎化粧品でお肌を保湿

この順番を守って行うことが大切です。

クレンジング剤をただ塗るだけでは効果半減します。顔の隅々にまでしっかりと塗りこむことで、メイクが浮き上がります。それをぬるま湯で洗い流すようにすると、よりすっきり汚れのないさっぱりとした素肌を取り戻すことができます。

保湿クリームを使わないとマズイという話

owl-50267_1280

スキンケアに保湿は欠かせないものですが、そのために多くの女性が使っているのが保湿クリーム。肌のトラブルを防ぐためにも、改善するためにも、クリームを使って保湿することが大切なのです。このことは、今では美容を考える上での常識になっています。

水分をたっぷりと含んだ皮膚は、紫外線などの外部からの刺激にも強くなり、肌のコンディションが乱れにくいのが特徴。保湿クリームを使うことで、お肌の水分を逃がさないための皮脂膜の働きをカバーすることができるようになります。

普段から皮脂膜が十分な働きをしてくれるなら、セルライト除去クリームを使う必要はなくなるのですが、そうもいきません。加齢やストレス、紫外線でのダメージなどによって、皮脂膜の働きは低下してしまいます。皮脂膜の働きが弱くなると、水分をお肌の内側にキープできなくなり、カサカサ肌、敏感肌になってしまいます。乾燥した状態が続けば、次第にお肌のハリが失われ、しわ・たるみの原因にもなってしまうのです。

水分量が十分でない皮膚は紫外線の刺激にも弱くなり、しみ・そばかすを防ぐことも困難になっていきます。化粧水で水分補給することも、もちろん重要ですが、その水分を逃さないためには保湿クリームでのスキンケアは外せません。

今では数多くの保湿クリームが店頭に並んでいますし、オールインワンタイプの美容液で同等の潤い効果を得られるものもあります。自分の肌質に合ったクリームを選んで、正常な肌状態をキープしていきましょう。

一概には言えない

channel-451623_1280

ニキビというのは、毛穴に皮脂が詰まって炎症している状態。
ですから、ニキビのできていいる部分に紫外線を当てないことは大事です。強い紫外線が当たることで「ニキビ跡」になることもありますから気をつけましょう。

ただ、日焼けするようになってからニキビができにくくなった、とう話も聞きます。これは紫外線によってアクネ菌のバランスが変わったせいか、または太陽を浴びることによって体の免疫力が上がったことによる影響かもしれません。免疫力が上がれば、炎症も起こりにくくなりますからね。

それからビタミンDなどは、日光浴することで体内で生成されると言われています。
一概に紫外線を浴びるとニキビができやすくなるとは言えないようです。ニキビを防ぐという意味では、お日様に当たることも必要なことなのかもしれません。ですが、ニキビができている時や、ニキビが治りたてのタイミングには、太陽光線は避けたほうがいいでしょう。

チョコレートやナッツ類を食べすぎるとニキビができやすくなる、というのはよく聞く話。
ただこれも直接的な影響は少ないようです。実際のところチョコレートのカカオはニキビの症状には関係がないということですし、ナッツ類の食べ過ぎもが肌に悪いという医学的根拠もありませんからね。実しやかに囁かれる噂話を信じてしまうのも考えもの、と言ったところでしょうか。もちろん同じものばかり食べて栄養が偏るのは健康のために良くないのは間違いないですけどね。

正しい洗い方が大事

bark-193849_1280

ニキビケアの基本となるのは毎日の洗顔です。根本となる洗顔をおろそかにしてしまうと、できたニキビをすばやく治療することも難しくなり、また同じ場所にニキビができてしまうことにもなります。

正しい洗顔方法は手で皮膚をゴシゴシと擦らないことです。力任せに洗ってしまえば、肌の組織を痛めてしまうことにもなります。ぬるま湯を使った下洗いは、思っている以上に重要です。ぬるま湯に地肌を浸すことで、毛穴が開き汚れを落とすこともでき、洗顔料が馴染みやすくなります。ぬるま湯の洗顔だけでも7割以上の汚れが落ちるそうです。

皮脂量は減らせばいいというものではありません。
皮膚上に適量の皮脂が残っていることも肌の健康のためには必要です。皮脂量をコントロールしながら余分な汚れはしっかりと落とす、そんな洗顔ができれば理想的だと言えます。洗顔料を使うときは十分に泡立てることが大切です。うまく泡立てられないという時には、市販の泡立てネットが役に立ちます。

洗い終わったら石鹸残りがないようにすすぎをしましょう。石鹸残りは新たな肌トラブルの原因ともなってしまいます。顔の皮膚は0.2ミリ程度しかなく、想像以上にデリケートです。力任せではなく、優しく丁寧に洗い上げるようにしましょう。

また肌に合わない洗顔料を使い続けるのもトラブルの元です。
使い残しがあってもったいないと思っても、ほかのもっと自分の肌に合ったものに取り替える必要があります。洗顔料は弱酸性で添加物が入っていないものが、肌のためには良いでしょう。

ニキビの予防・改善には、正しい洗顔を行うことが大事なことです。
おしりのニキビに効果があるとされています。

スキンケア商品の選び方

sparrow-9950_1280

スキンケア商品の選び方も人それぞれ。
女性の数だけ選ぶ基準も違うと言えるのかもしれません。

化粧品売り場では、膨大な数の基礎化粧品を目にすることになります。化粧水・美容液・乳液・保湿クリームなどなど、基礎化粧品だけでも相当な数があることがわかるはずです。

スキンケア化粧品の役割は地肌の状態を改善するもの。
毎日のお肌の疲れを癒すために、家に帰ったらクレンジングでメイクを落とし洗顔をしてから、化粧水・美容液などで素肌のお手入れをします。用途が分かれてはいますが、クレンジング剤・洗顔石鹸・化粧水のどれもが、スキンケア化粧品のカテゴリーに含まれるものです。スキンケア化粧品を選ぶときの最重要ポイントは“自分の肌と相性がいいか”という部分になります。よく売れている人気の商品、芸能人が使っているコスメだからといって自分に合うとは限りません。実際に選び方の基準が間違っていると、なかなか望み通りのものに出会えないということにもなってしまいます。脂性肌の人と、乾燥肌の人では選ぶべき商品は違ってきます。

最近ではインターネット通販を使って、スキンケア化粧品を買う人も増えています。ドラッグストア・百貨店など、化粧品を手に入れられる場所は多いですが、まずは自分の肌質をよく知り、どれを使えば一番いいのかを検討することが大事なことです。

美肌効果に注目

fishing-boat-166532_1280

何かと話題のフォトフェイシャル、もう受けたことがあるという人もいるかもしれません。
柔らかい光が特徴のフォトフェイシャルは、美肌効果が感じられるものだといいます。
それも肌に負荷をかけずに行えるのが利点です。

気になる副作用ですが、全くないとは言えないようです。
一番警戒すべきなのは肌のやけどです。
フォトフェイシャルで当てる光の出力が、高すぎても低すぎてもやけどを起こしてしまうことがあるそうです。
光が弱すぎて効果が出なかったということもあります。
この部分に関しては施術する人間の技量が、効果と安全性を大きく左右していると言えます。

調整の上手な施術者のいる医療施設を選ぶことが大切です。
本来は医師しか行ってはいけないとされているフォトフェイシャルですから、看護師やスタッフに施術を任せているところがあれば要注意だと言えます。
施術前に十分なカウンセリングを行い、納得のいく説明をしてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。
きちんとした効果を得られる医療機関は、得てして丁寧な対応を心がけているところです。
施術を行う前に施術の回数、費用、アフターケアなどについてしっかりと説明のあるところを選ぶのが大事になってきます。

皮膚の状態が思わしくない場合には、フォトフェイシャルをしないほうがいいケースもあります。
あまりに敏感肌の人や、アトピー体質の人は副作用の心配があります。
また、ちょい日焼けをしていたり妊娠しているときは、施術を受けないほうがいいこともあるため、専任の医師に相談するようにしましょう。

素肌美人の三種の神器

drosera-intermedia-x-rotundifolia-190711_1280

美肌は一日にしてならず。
肌美人になるためには、毎日のスキンケアがとても大事です。

そして一度美肌を手に入れたとしても油断は禁物。
コツコツとお肌のケアを続けることで、お肌の状態を維持することが必要です。

美肌ケアに欠かせないものといえば、やっぱり化粧品でしょう。
いろいろな種類がある化粧品の中から、自分のお肌と相性のいいものを見つけなくてはなりません。
特に直接お肌につける基礎化粧品選びは重要です。
その数は膨大なため選ぶにも目眩がしてしまいそうになりますが、ここで手を抜くわけにはいきません。
サンプル品が用意されている商品も多いですから、気になったものは取り寄せて可能な限りたくさん試してみることが大切です。
お肌のお手入れのために重要なことは、肌質との相性がいい基礎化粧品を使用することです。
自分に合うものを見つけるまでは妥協しないようにしましょう。

基礎化粧品を選んだら、次はメイク用化粧品、それからクレンジングなどの化粧落としです。
メイク用化粧品については好みもありますし、流行もあるので自由に選んでもいいかと思います。

ただクレンジングに関してはなんでもいいというわけではないので注意が必要です。
クレンジングはメイクを落とすためのものなので洗浄力に注目ですが、その洗浄力が強すぎると肌トラブルの原因となることがあります。しっかり落とすことは大事ですが、皮膚への負荷があまりに大きいものはお肌の健康を損なってしまいます。
自分のお肌が敏感肌なのであれば、クレンジング選びも慎重に行うことが大事になります。

1 2